超最新の話題をお届けします。

超最新まるわかり NEWSholic 2019

動物

Google map の google ストリートビューが怖い!猫が写り込むイタリアの広場

更新日:

Google map の google ストリートビューが怖いほどに、イタリア・ローマのトッレアルジェンティーナ広場で猫の表情がアップで写り込んでいます。このことがアメリカ最大掲示板サイト「Reddit」で話題になっていましたので調べてみました。

Google map の google ストリートビューが怖い!猫の表情がなんとも言えず

イタリア・ローマのトッレアルジェンティーナ広場で、猫ちゃんがカメラに不意をつかれたのか、

口は半開き、カメラを見下ろすような角度で、その目はいぶかし気に「にゃんか用かい?」

カメラが近づいても逃げない猫ちゃんです。

Google マップ の google ストリートビューが怖い!猫ちゃんの楽園、トッレアルジェンティーナ広場

猫ちゃんがストリートビューに写りこんでしまった、トッレアルジェンティーナ広場は、
「猫の楽園」と呼ばれ、猫好きにとっては有名な場所なのです。

たくさんの野良ネコたちがNPOのサポートによって生活するコロニーとなっています。

たくさん生活している猫ちゃんたちのだれかがgoogleストりートビューに

写り込んでも不思議ではないということなのですね。

Google map の google ストリートビューが怖い!写り込んだ猫ちゃんについてRedditのコメント

「ここトッレアルジェンティーナ広場は猫ちゃんの聖域と言われてる場所です。
昼間ここを訪れると、数十匹の猫ちゃんがローマ遺跡の周りに横たわっています。
何匹かの猫ちゃんは友好的にあなたに近づくでしょう。ほとんどの猫ちゃんは養子縁組が必要なのです。」

「ローマの中でここは私のお気に入りのスポットです。ジュリアス・シーザーが殺害された場所でもあります。猫ちゃんたちはとても幸せそうで健康そうです!ローマに住んでたころ、猫たちに会いによく行った場所….とても良い場所でリラックスできたよ」

 

「イタリア語喋れるの?どうやって猫ちゃんと会話するの?」
「ミャウマ ミーア!」(マンマ ミーア なんてこった!)
「まあ、私はイタリア系なんだけど、イタリア語は話せないの。
でも、猫ちゃんが英語を覚えてくれると思うわ。」

 

Google map の google ストリートビューが怖い ! トッレアルジェンティーナ広場と猫ちゃんについて

トッレアルジェンティーナ広場の周辺には野良猫が多いため、この広場には Torre Argentina Cat Sanctuary と呼ばれる野良猫の保護施設がある。市内に4か所ある猫コロニーのうちのひとつである。

ラルゴ・ディ・トーレ・アルゼンチン(トッレアルジェンティーナ広場)と呼ばれる場所は、1929年のムッソリーニの再建活動の一環として発掘され、近代的な道路レベルより20フィート下に沈んだ4つの共和党寺院を示しています。

4つの異なる寺院の遺跡に加えて、トッレアルジェンティーナには、有名なポンペイの劇場の一部も含まれています。その劇場の敷地内で独裁者ジュリアス・シーザー(カエサル)が裏切られ、紀元前44年に死亡しました。

今日、トッレアルジェンティーナのボランティアは約130匹のネコをケアしており、そのネコの多くは身体障害者か病気を患っています。

この広場が発掘された後、ローマにいる野良猫は街のいたるところから移動してきました。
愛猫家の女性たちは猫に餌を与えたり世話を始めました。
1990年代半ば以降、人口は約90人から250人のピークに達し、病気や怪我をした猫ちゃんたちの世話をしています。
永くからここにいる猫ちゃんのほとんどは、盲目であったり足がなかったり、虐待された猫ちゃんたちです。

午後になると、柱の影とか階段に日光浴する猫の姿を見ることができます。
最初は猫ちゃんたちを見つけるのは難しいかもしれませんが、一度見始めると、あちらこちらで見ることができます。
通りからも猫ちゃんや遺跡を見ることができます。

地下にある事務所でボランティア希望の申込みや寄付の申込み、
猫ちゃんの養子縁組の申込みができ、ギフトショップもあります。

愛猫家の人たちに貰われて家族として一生を過ごすのか、ここでのんびりと一生を過ごすのか
猫ちゃんたちはどちらが幸せなのでしょうか。

楽天モーションウイジェット

-動物

Copyright© 超最新まるわかり NEWSholic 2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.