超最新の話題をお届けします。

超最新まるわかり NEWSholic 2019

動物

江戸時代にも猫ブームがあった日本の猫の歴史

更新日:

今、日本では「猫ブーム」と言われ、ペットの数では犬を抜いて猫が1位となりました。
猫が好きな方がたくさんいると思うと、猫好きな私はうれしくなります。
猫はペットの中でも最も身近な動物ですが、皆さんは猫の歴史を知っていますか?
「猫ブーム」は今が初めてではなく、江戸時代にも「猫ブーム」があったそうです。
現在ペットとして飼われているイエネコの祖先は、野生の猫でした。
なぜ野生の猫が人間と一緒に暮らすようになったのか、どうやって世界中に広まったのか、
日本にどのようにしてやってきたのか、猫の歴史を調べてみました。

猫の歴史~イエネコの祖先はリビアヤマネコ

 

皆さんは「リビアヤマネコ」という猫を知っていますか?
ヤマネコの名前が付いている通り、野生の猫ですが、

現在ペットとして飼われているイエネコの祖先は、
野生種のリビアヤマネコという猫です。

リビアヤマネコは現在でも中東からエジプトにかけての
砂漠地帯に住んでいます。

見かけは毛の色も体の大きさもイエネコのキジトラ猫にそっくりです。

以前から猫の祖先はリビアヤマネコなのではないかと考えられており、
近年のDNA解析によってイエネコの祖先はリビアヤマネコであることが確認されています。

リビアヤマネコは英語で「African Wildcat」(アフリカン・ワイルド・キャット)、
または「Desert cat」(デザート・キャット:砂漠の猫)と言います。

リビアヤマネコは北アフリカやアラビア半島の砂漠地帯に多く住んでいる猫です。
リビアヤマネコはヨーロッパ大陸に生息する「ヨーロッパヤマネコ」と同じ種類ですが微妙な違いがある、
言わば亜種という分類に属するそうです。



猫が人間と一緒に暮らすようになったのはいつ?

 

野生種の猫のリビアヤマネコが、
いつ人間と一緒に暮らすようになったかについては、
正確にはわからないそうですが、

猫が人間と暮らしていたのは、
約9500年前とされており、

キプロス島の遺跡から人間と一緒に
埋葬された猫の骨が見つかりました。

キプロス島は島ですから、海を渡るということになるのですが、
猫はもともと砂漠で生きていたので水は苦手であり、

そのような無謀な行為をしたということは考えられないので、
キプロス島へは人間が連れて行ったと考えられています。

キプロス島に連れて行かれた猫が一緒に埋葬されるほど、
ペットとしても可愛がられていたのではないかと想像できます。

 


最古の記録で9500年前ということですが、
実際にはそれより前の時代から
猫は人間と一緒に暮らすようになったと思われます。

リビアヤマネコとイエネコのDNAを比較してみると
実はあまり差がないことが分かっています。

リビアヤマネコがなぜ人間と暮らすようになったのか

リビアヤマネコとイエネコのDNAはあまり差がないことが分かっています。

リビアヤマネコとイエネコの大きな差は、
イエネコにはさまざまな毛色があり、
リビアヤマネコが完全に単体で暮らす動物であるのに対して、

イエネコは人間と共存でき、
人や他の猫、他のペットの存在を認めて
暮らすことができるのです。

猫は、近年になって人間の好みに合うように改良されていますが、
犬のように牧畜のためのコーギー、ハウンドやポインターなど
狩猟のためというように、
役割で大きく変えられるということはなく、
ずっと祖先からのDNAを持ち続けています。

猫と人間の距離が近づいたのは、人間が穀物の栽培を始めたためです。

リビアヤマネコが生息している地域は、
かつてメソポタミア文明が栄えた場所です。

メソポタミア文明ではチグリス川、ユーフラテス川がもたらす
肥沃な土地を生かし、世界で初めて穀物の栽培が行われたとされています。

穀物の栽培が盛んになると穀物を狙ってネズミなどの齧歯類が増え、
それらの害獣を狩ってくれる猫が重宝されるようになったのです。

しかし猫はもともと単体で暮らす動物であり、
人に懐いたとしても犬ほど人の指示に従うということはない動物です。

そのため、「猫は穀物倉庫に集まるネズミを狩る」
「人間はネズミを狩ってくれる猫の存在を認め、
邪魔をしない」という共存関係からスタートしたと考えられています。

人間が猫に求めたものはネズミを駆除してくれるという、
ただ1つであったために、
もともとリビアヤマネコが持っていた能力だけで
充分役に立ってくれました。

そのため犬のような改良加える必要がなく、
ほとんど姿を変えることなく
人間と一緒に暮らすイエネコとなった
と考えられています。

心がホカホカするエピソード

「じいちゃん、車来てるよ!」

おじいさんに車が来たことを教えようとする、賢く優しい猫
道を歩くおじいさんと、飼われていると思われる猫。

画像クリックで動画を見る

いち早く車が来た事に気づいた猫は

「じいちゃん、車来てるよ!ねぇ!」

とおじいさんに教えてあげようとしているように見えます。

「猫ちゃんいい仕事してますね」
「賢そう」「ドライバーも猫も優しい」

などの声が寄せられています。

リードで繋がれているわけでもないのに、
自分だけどこかへ行かず
おじいさんに教えてあげる優しい猫です。





楽天モーションウイジェット

-動物

Copyright© 超最新まるわかり NEWSholic 2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.