超最新の話題をお届けします。

超最新まるわかり NEWSholic 2019

連ドラ

井川遥の朝ドラ「半分、青い」のファッションブランドは「ピンクハウス」だった!

更新日:

秋風羽織(豊川悦司)の秘書役、菱本若菜役・井川遥(41)の
朝ドラ「半分、青い」のファッションブランドはピンクハウスだったことが早くも話題に。
40代でフリフリのファッションはあり得なくない?ということで調べてみました。

女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説
「半分、青い。」(月~土曜前8・00)で、
「井川遥は、いつもヒラヒラのついた少女っぽい服を身にまとっている」
が話題になっており、ファッションデザイナーの金子功氏が1973年に
設立したブランド「ピンクハウス」のもの。
井川遥の着こなしにより、さらに注目を集めている。

井川遥の朝ドラのファッションブランドは「ピンクハウス」だった!

『半分、青い』で井川遥が着てるピンクハウスっぽい服めちゃくちゃすこ。
全然イタくないし、80’sファッション今でもいける気するな。

低俗霊狩りの初期の80年代ファッション感が好きなので半分青いでピンクハウスに
身を包んだ井川遥が出てくるとウォー!ってなる

井川遥さんの意見も反映している、朝ドラのファッションブランドは「ピンクハウス」

今朝の #あさイチ は連続テレビ小説で 菱本若菜役の井川遥さん。
井川さんの #半分青い の衣装はご自身もこだわりを持ち
楽しんでいらっしゃいるのを知り、嬉しくなりました。
ファッションにも常にアンテナを張りながら、プライベートとも上手く両立し、
柔らかい雰囲気を放つ魅力的なお方でした。

井川遥さんは役の髪型やコサージュなどにも意見を反映させているそう。
長年表紙を飾ったファッション誌VERYの井川さんが好きで、
卒業したのがちょっと寂しかったから、半分青いの秘書役は好みの服を
井川さんが完全に着こなしているのを見るのも楽しい。
男気があって楽しませるのが好きとの友人評も好感

井川遥さん自信でも立ち上げたファッションブランド「ヘルト」と「ロワン」

女優で母の顔を持つ井川遥さんのライフスタイルをベースに、
本人が欲しいアイテムをデザインに反映させたという「ヘルト」と「ロワン」。
井川遥さんらしいモノトーンやベージュを基調としたメンズライクなファッションとなっている。

楽天モーションウイジェット

-連ドラ

Copyright© 超最新まるわかり NEWSholic 2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.