最新の話題をお届けします。

最新まるわかり NEWSholic 2020

社会

ハイボール人気でサントリーウィスキー一部販売休止|白州12年と響17年

投稿日:

サントリーホールディングス傘下のサントリースピリッツが、


主力である国産ウイスキー2品種の販売を休止する。

販売休止するウイスキーは、「白州12年」と「響17年」だ。

「白州12年」は、6月ごろ、「響17年」は9月ごろには
在庫が切れ出荷ができなくなる予定だ。

賞の獲得とハイボール人気によりウイスキーが急拡大

ウイスキーは、焼酎やワインの人気により、需要が低迷し、
2000年代初めには、原酒の仕込みを減らしていた。

その後、国産ウイスキーの銘柄が世界的な賞を獲得したことや、
石川さゆりさんの歌と、小雪さん、井川遥さんの接客でおなじみの
テレビコマーシャルで、ウイスキーを炭酸水で割るハイボール人気が
うなぎ登りとなったことでウイスキー評価が高まり、
国内外の需要が急拡大し原酒不足に陥った。

デーブ夫人
 ♪ウイスキーがお好きでしょ♪ わたくし、トリカラもよろしくてよ。あなた、お好き?

白州12年と響16年は復活するのか

ウイスキーの販売休止は、2年前の平成28年4月に、
同様に原酒不足による「角瓶〈黒43度〉」の販売休止以来となるという。

原酒不足対策として白州蒸留所(山梨県北杜市)などで
蒸留釜や熟成させるたるの貯蔵庫を増やす計画など、
増産に乗り出してはいるが、熟成には10年以上が必要なため、
現時点では販売再開のめどはたっていない。

デーブ夫人
 そろそろハイボールの季節ね。男爵は1年中ハイボールよ。よく飽きないわね。わたくしは響の17年をいただくわ。もちろん、ストレートで。ウォーターを数滴ウイスキーにたらすわよ。グアイアコールとエタノールが反応してお味が美味しくなるのよ、あなた。 オッホッホッホッホッホッホッ….

楽天モーションウイジェット

-社会

Copyright© 最新まるわかり NEWSholic 2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.