超最新の話題をお届けします。

超最新まるわかり NEWSholic 2019

英国王室

【英国王室の結婚式】メーガン妃のブライダルネイルは日本でも買える1,500円のものだった!

更新日:

英国王室ハリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウエディングが先日行われたが、結婚式の際、メーガン妃のブライダルネイルが気になったので、ブライダルネイルなど調べてみた。

【英国王室】メーガン妃のブライダルネイルは日本でも買えるエッシーの1,500円のネイルだった!

結婚式とバッキンガム宮殿でのガーデンパーティーでメーガン妃の爪先を彩るネイルは、
薬局やバラエティストアでも買える¥1、500のエッシーのものだった。

ペールピンクのネイルは、エッシーのネイルポリッシュ 162番。

日本では「バレエ シューズ」と言われる色名でおなじみのベストセラーのネイルだ。

海外では「ballet slippers」という。

英国王室ではエリザベス女王が長年愛用しているカラーはロイヤルピンク。

メーガン妃の短めに整えられた爪にエリザベル女王御用達カラーを塗ったネイルは、

エリザベス女王もにっこりする完璧な英国ロイヤル仕様だ。

メーガン妃はこれから半年間、英国王室流の作法を王室御用達の秘書によってみっちり仕込まれる予定だそうだ。

エリザベス女王は、TPOや服装のマナーに人一倍厳しく、生足厳禁、ストッキングは絶対着用などチェックが厳しいらしい。

そんなエリザベス女王からくぐり抜けて好印象を与えるメーガン妃のこの品格ロイヤルネイルは、ひとつ持っておくと、

どんな場でも活躍すること間違い無いでしょう。

メーガン妃のウエディングドレスはフランスの有名なブランド「ジバンシー」

メーガン妃が着用したウエディングドレスは、ランスの老舗メゾン『ジバンシィ』のもの。

メーガン妃は、スタイリッシュ、セクシー、シンプルであることをモットーとしてウエディングドレスを選んだ。

ジバンシーのドレスはシンプルでありながら、メーガン妃のきれいな鎖骨を美しく見せてくれるボートネックのデザインだ。

フランスのブランドであっても、新進気鋭の英国人女性がデザインしたドレスを選ぶメーガン妃のセンスはさすがだ。

英国民の心を掴んでいた。

👋

Kensington Palaceさん(@kensingtonroyal)がシェアした投稿 –

ウエディングベールは英連邦53か国の国花とヘンリー王子・メーガン妃の好きな花の刺繍

ウエディングベールは、全長5メートルあり、英連邦53か国の国花と、
ヘンリー王子とメーガン妃の好きな花である「ロウバイ」と、
メーガン妃の出身地であるカリフォルニア州の州花「カリフォルニアポピー」を入れた55の花を刺繍したもの。

ロウバイは、ヘンリー王子が住んでいたノッティングコテージに咲いている花。

今後、メーガン妃は王子とともに加盟国親善大使の役割を担うため、国々の関係が1つの輪となり平和であるようにとの願いがこめられている。

ティアラはエリザベス女王が貸し出した1932年製のダイヤモンドティアラだ。

 

ヘンリー王子の母ダイアナの愛をこめたブーケ

ブーケは、ヘンリー王子がダイアナ元妃が住んでいたケンジントン宮殿に生えているワスレナグサを
摘んでブーケに入れたそうです。

ワスレナグサは母ダイアナ元妃が好きだった花だという。

ブーケにはメーガン妃への愛だけでなく母への愛も表現し、英国中の感動を呼んでいた。

結婚指輪

結婚指輪は英王室御用達の「クリーブ&カンパニー」製のものと決まっている。
メーガン妃の指輪は、エリザベス女王から贈られたウェールズ産の希少な「ウェルシュ・ゴールド」で作られている。
英国王室ではこのゴールド100%の指輪を贈るのが慣例となっている。

 

デーブ夫人のひとりごと

デーブ夫人
 ヘンリー王子は、メーガン妃と共に生きていくという強い意志をお持ちで結婚指輪は身に着けるそうですわ。でもヘンリー王子の兄のウイリアム王子は結婚後には指輪はしないそうよ。なぜかしら、あなた….オッホッホッホッホホッホッホッホ



楽天モーションウイジェット

-英国王室

Copyright© 超最新まるわかり NEWSholic 2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.